« Windows7 シャットダウンで電源が落ちない件 | トップページ | Windows7の電源が落ちない【完結編】 »

2009年12月 1日 (火)

Buffalo(バッファロー)の[簡単バックアップ]を試してみた

パソコンのデータバックアップを取る手段として
フリーソフトを使っているのですが、今回お客様からの依頼もあり
上記のメルコ製「簡単バックアップ」を試してみました。
地方ですと大型店舗にメルコ製品が大量に置いてあり、他社製品は余り置いていないということがよくあります。そのせいかメルコ製のHDD持ってる人も多いです。

-----------------------------------------------------------------

結論から言うと、NAS用のバックアップツールとしては欠点が多いかなと。

1.バックアップ指定先が1階層までしか選択できない。

2.同名ユーザーがいる場合にバックアップデータが上書きされる可能性がある。

3.データを復元する時に本ソフト上で復元しないとやり辛い。


例えばZにネットワークドライブを割り当てたとして、バックアップフォルダの指定が[\\z\share]までしか指定できません。そのためshare001,share002といったように第一階層でフォルダを分ける使い方となってしまいます。

その階層以降はユーザー領域だから責任もたないって事なんでしょうか・・。

各PC毎にバックアップ用のネットワークドライブを割り当てると他PCのバックアップを見たりコピーしたりする場合に不便かなぁと思います。


じゃあ気にしないでshareに全部のPCのバックアップ取ればいいじゃん!とも思ったんですが、このソフトのバックアップフォルダの命名規則が「backup(ユーザー名)」になっているんですよね。

そのために各PCの登録ユーザー名が同じだと、バックアップ作業時に上書き確認を求められて上書きすれば先にとったバックアップデータは削除されます。

個人や小規模事業主さんではパソコンのユーザー名が同じといったことは多々ありますので注意が必要です。

この2点はメルコに問い合わせて確認しましたが、双方とも仕様のようです。


このソフトを「バックアップツールであってミラーリングじゃないんだよ!」と考えてもいいのですが
やはりエクスプローラでバックアップフォルダを参照した時にもう少しわかりやすくしてほしいです。

基本的な差分バックアップや暗号化、スケジューリング、ログ取りなどの機能はあります。
ベリファイ機能もついていますが説明書にまったく記載が無かったです。おそらくファイルの整合性チェックをしてるんだと思いますが・・・。見落としだったらすみません。

USBなどでPCと接続してる場合は特に気にならないかなとも思いますがNASとして複数台を想定したときには難しいなと思いました。

※今回の検証はV1.33をWindowsXP環境で行ったものです。現行の最新はV1.35ですが上記1、2については最新版でも同じとのことです。

3は未検証ですがおそらく同じでしょう。

おまけ
このソフトだと増分バックアップって記述されてたんですが、
増分って初めて聞いたのですが、差分と増分って同じ意味合いで捉えていいんですかね?
微妙にどこか違ったりするのかなぁ。ずっと差分って単語を使っていたのでちょっと気になる。

気を付けたつもりだったのですが読み直したらメルコって結構書いていたw
バッファローっていまだに馴染まないなぁ・・

« Windows7 シャットダウンで電源が落ちない件 | トップページ | Windows7の電源が落ちない【完結編】 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

2021年1月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

Norton

  • シマンテックストア

google

SONY

  • Sony Style(ソニースタイル)
  • Sony Style(ソニースタイル)

最近のトラックバック

無料ブログはココログ