« VAIO Update | トップページ | VAIOUPDATE 落とし穴 »

2007年3月13日 (火)

SZ93 シミュレーション

sonystyleで VAIO type S プレミアムバージョンのシミュレーションで選択できる項目毎にまとめてみました。
合言葉は 後から変えられない(変えづらい)パーツは惜しまない! でw

OS せっかくsz93を選択してるのでbasicは無しでいきましょうAero動かないし
Aeroはただ表示が綺麗になるだけでなく、グラフィックボードに処理させることでCPUにその分の余裕が出来るというところが良かったりします。私はbusinessを使っていますが自動的にバックアップを取ってくれるシャドウコピー機能が助かってます。この機能はbasic premiumにはありません。ただbusinessだと付属のゲームが付いてませんwフリーセルがやりたい;x;
詳しくは こことかこことかここ
カラー これは好みですね。ただプレミアムカーボンにするにはwebカメラが必須になってしまいます。安くあげるためには削れるとこではないでしょうか?私はブラックにしました。双方の比較や写真などこちらのblogで詳しく解説されています。
CPU Core2 duo T7200をお勧めします。セレロンはvista環境では問題外ですし、そもそもメーカーも選択肢に入れるなと思ってしまう、、core2の5000番台と7000番台では2次キャッシュの容量が2Mから4Mに上がっていますので小さな周波数の差よりも2次キャッシュの差がお勧めする理由です。T7600に関してはポチッとしていただければわかると思いますが値段あがりすぎで実用的では無いと思います。
Sonyのつくってる解説ページがわかりやすいのでお勧め
メモリ いつも思うんですが、なんで直販サイトはみんなメモリーが高いんだろう。量販店でメモリを買って付け替えた方が圧倒的に安くなるんですよね。そして最初の付属メモリが余るという悪循環が起こります。などと書いていたら

メモリーアップグレードキャンペーン実施中! 「1GB」から「2GB」へのアップグレードが、通常より★20,000円★もオトク! 2007年3月23日(金)15時まで

とかやってますね。これはお得だ、、Vista環境ではメモリ2Gは必須だと思うので2Gが良いと思います。

HDD 100G以上、できたら120G以上。私は160Gにしましたが実際に使用できるのは140G程度です。(sonyはHDDにリカバリ領域を設けているため) データはどんどん大容量化していますので多めにこしたことはありません。尚、SZ93にはエクスプレスカードが付いていますのでeSata対応の外付けHDDとセットで活用するのもいいかと思います。こちらについては過去のこの記事を参照してください。
Bluetooth/Felica 私はつけましたが、好みになります。BluetoothはBlutooth機器がそのまま使えますし、送信ユニットなしでマウスが動かせたりもします。Felicaについては、suicaなどのカードの使用履歴も見れるのが便利です。
Bluetoothヘッドセット これも好みで。私は買ってません、型番のHBH-PV705でググるともっと安いところがあったりなかったりあったりあったり・・・
webカメラ プレミアムカーボンにするためには必須ですが、私個人は必要なかったのでつけませんでした。webカメラをつけない場合、webカメラの表示部分は塞がれているのですが、塞ぎ跡はほとんど目立ちません。
指紋センサ 私はつけました。なんか指紋センサーつけないと指紋センサの場所がそのまま左クリックのスペースになって幅広い左クリックボタンになるらしいw windowsのログイン以外にもwebページなどのパスワード入力の代用として使えるので便利だと思います。
キーボード キーボード選択できるのがsonyっぽくて好き。わざわざシュミレートページ作るあたりがもっと好き。どうぞ好みで。でもまぁtypeSプレミアムならブラック、通常のSならシルバーってとこだと思いますが。
ACアダプタ 通常のアダプタでいいと思います。もう1個買うならサンワサプライのノート用アダプタを買うのがいいかと、一番小さいのでw 対応表にsz93ありませんがたぶん19Vのタイプで動くはず・・・詳しくは量販店で聞いてください。
表計算 必要なら買うとしか言えませんが、通常にソフト単体で買うよりは安く買えます。パーソナルとかだと半額くらいになってたりします。
セキュリティソフト あったほうがいいのですが、私が買ったときはノートンのvista対応がまだでしたのでちょっと手こずりましたが(過去記事参照)た・ぶ・ん 今は大丈夫じゃないかと、ほらsonyですし いろんな意味で^-^;
保証サービス ソニースタイルで購入すると特典として3年間のベーシック保証がつきますが、ワイド保証がお勧めです。ワイド保証になると、コーヒーなどの飲料をこぼした、落下させたなどの不注意系の故障もサポート対象になります。ノートPCでは起こりえるケースなので入っていたほうがいいと思います。後から切り替えができると思ってベーシックにして切り替えができなかった(切り替えできるのは通常の量販店で買った人のみだった・・・)人もいますのでご注意を。。orz 詳細はこちら

といったところでしょうか。 参考になれば幸いです。

Sony Style(ソニースタイル)

« VAIO Update | トップページ | VAIOUPDATE 落とし穴 »

SONY」カテゴリの記事

コメント

>>core2の5000番台と7000番台では2次キャッシュの容量が2Mから4Mに上がっていますので小さな周波数の差よりも2次キャッシュの差がお勧めする理由です

と言っていますが全体的な処理速度があがるのですか?
5000から7000にすると2万ほど値段があがるので
全然違う!と感じるほど速度が上がってるなら7000にしようと思うのですが
あまりぱっとしないところが変わっているのなら5000のほうにしようと思っているので・・・

>>レベッカさん
コメントありがとうございます。
全体的な処理速度は確実に上がります。
ただし全然違う!とまで感じられるかと言えばwebを閲覧するなどの簡単な作業でしたら差はほとんど無いでしょうし、逆にCPUに高負荷をかける作業(映像編集、画像編集など)やマルチタスク(色々なソフトを起動していることです)をしている状況でしたら2次キャッシュの違いが発揮されると思います。

PCの性能は総合的に決まるものであって、決してCPUパワーだけで決まるものでは無いですが
今後ますますソフトウェアは大容量化していき要求スペックは高くなっていくと思います。
2次キャッシュも4mbが標準の時代がすぐくるでしょう。(8mb搭載とかも出てきてたような..)
なので私としてはCore2の7200をお勧めしちゃいます。7600は流石に高すぎですが^^;

今日プレミアムSが届いたので
早速起動してVAIOアップデートを
していたのですが
UGXのドライバソフトウェアをインストールしてくださいという画面ができました。
しかしCDもついてなかったので
インストール方法がわかりません・・・
これはどうしたらいいのでしょうか><;

う~ん、UGXから連想するとおそらくBlueToothのドライバアップデートでしょうか
たしかこのアップデートは旧ドライバをアンインストールしたあとに再起動を求められて
再起動後にvaioupdateには出なくなった気がするので。。。
おそらく、その現象の対象であるアップデートのリンクページを貼っておきます
http://vcl.vaio.sony.co.jp/vu3/download/SP-013605-08-vu.html
このページの手順7まではたぶんやったのでは無いでしょうか?
その場合8から行ってください。


また、今回Vaioにはリカバリディスクが付属していません。(他のタイプはどうかしりませんが^^;)
リカバリディスクは自分で作る必要がありますので、早い段階でつくっておくといいと思いますよ。
【VAIO リカバリツール】で作成することができます。

あまさんありがとうございます><
あまさんの言うとおり8番から
やっていませんでした^^;

この記事へのコメントは終了しました。

« VAIO Update | トップページ | VAIOUPDATE 落とし穴 »

2021年1月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

Norton

  • シマンテックストア

google

SONY

  • Sony Style(ソニースタイル)
  • Sony Style(ソニースタイル)

最近のトラックバック

無料ブログはココログ